貸戸建住宅(川口駅) 建築家が設計、デザインした築浅9年のおすすめ物件です

賃料:175000円(礼金1ヶ月、敷金1ヶ月、保証金なし)
間取り:2LDK
専有面積:90.81㎡(間取り内訳 洋5.7、14、5 LDK 20.5)
築年月:2011年4月
物件所在地:埼玉県川口市飯塚3丁目
物件交通:JR京浜東北線川口駅徒歩10分

構造、規模:木造3階建
契約期間:2年
管理費:なし 共益費なし 雑費なし
駐車場:あり(無料)
現況:空き家
入居日:相談
設備:シャワー、追い炊き機能、温水洗浄便座、洗面台、3口以上コンロ、システムキッチン、全居室収納、照明器具、室内洗濯機置場、室内物干し、給湯、全居室フローリング、エアコン2台、火災警報器

鉄製の螺旋階段はこの家のシンボル

飯塚の家はコンパクトな家の中に広くゆとりのある空間を演出する為の工夫が盛り込んであります。
外観は大きさの異なる3つのBOXを積み重ねたようなデコボコした形態です。各階の用途に必要なボリュームがそのままに表れている、ユニークな形状で、それらを貫く鉄製の螺旋階段は各階をつなぎ、この家のシンボルとなっています。

円筒を中心に様々な場がある

1階にはプライバシーの高い機能を螺旋階段の円筒状の壁に沿うように配置しました。2・3階は憩いの場となるLDKや子供室を配置し、ワンルームにすることで部屋全体を広く取っています。南面には大きな開口をあけ、部屋いっぱいに暖かな光を取り入れます。その中で円筒を中心に様々な場(勉強をするスペース、パソコンをするスペース、料理を作るスペース、家族で食事を食べるスペース等)を設定することで、活気のある生活スタイルを提案しました。
また昼間は物干しの場として、夜はリビングの一部として使えるインナーバルコニーの設置、子供の成長や生活スタイルの変化にあわせて設置可能な可動式の間仕切りスペース。さらに円筒の壁は空間に奥行きを与え、実際よりも部屋が広く感じるようなそんな効果があります。一見コンパクトな建物の中に合理的で心地の良い空間をつくりあげました。

白い螺旋階段は清潔感のある少し神秘的な光の空間

家・家族の生活の中心となる白い螺旋階段は清潔感のある少し神秘的な光の空間を作り上げています。筒状の壁にあけた開口を通して、各階・各部屋は視線や雰囲気でつながり家族の各々の生活シーンを結びつけ温かみのある家となることでしょう。

図面

 

(ご注意)写真は新築時に撮影されたものです(2011年)